中小規模企業がサイバー攻撃で狙われやすい理由とは

昨今、メディアを賑わしている大規模企業のセキュリティ侵害事件。しかし、中小規模企業の経営者やセキュリティ担当者の中には、「小さな会社だから関係ない」と思われている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、現実は異なります。最近のレポートによると、中小規模企業は、大規模企業よりも頻繁にデータ侵害を受けているのが実情です。このような被害から組織を守るためには、まず、中小規模企業が狙われやすい理由を理解する必要があります。

このホワイトペーパーでは、中小規模企業がサイバー攻撃の標的になりやすい5つの理由と、このような攻撃から自社のデータや社会的信用を守る方法について解説しています。

中小規模企業におけるサイバー攻撃対策のノウハウとベスト・プラクティスをご確認ください。

このホワイトペーパーの主な内容は次のとおりです。

  • 中小規模企業が保有するデータの価値
  • 誤ったリスク感覚が企業を危険にさらす理由
  • 従来型のセキュリティ対策が最新のサイバー攻撃に無力な理由
  • セキュリティ強化のために実施できる対策


 

Download-LP-2.png  レポートをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk