無料レポート

続・サイバー・セキュリティにおけるマジノ線: 実環境における多層防御モデルの有効性を追跡調査

現代のサイバー攻撃者は、従来型のセキュリティ対策をいとも簡単にすり抜け、業種や地域を問わずさまざまな組織に侵入している──。2014年5月にFireEyeが発表したレポート『サイバー・セキュリティにおけるマジノ線: 実環境における多層防御モデルの有効性』の続編となる本レポートでは、その後の数か月間にわたって新たに収集したデータを分析します。レポートのタイトルにあるマジノ線とは、第2次世界大戦前、ドイツ軍の侵攻に備えて作られたものの、結果としてその目的をまったく果たさなかったフランスの壮大な軍事建造物です。レポートでは、多くのネットワーク環境に導入されている多層防御型のセキュリティ対策が今日のサイバー脅威に対して無力である現状を、このマジノ線になぞらえながら解説します。

調査では、他のセキュリティ・ソリューションの検知性能を測る絶好の場所、つまり一連のソリューションの後段にFireEyeのアプライアンスを設置しています。このため、調査中に確認されたセキュリティへの脅威は、すべて他のセキュリティ・ソリューションが見逃したものということになります。

今回の調査では、前回の調査結果が裏付けられるとともに、いくつかの新しい傾向が明らかとなりました。全業種の平均では、96%の組織がセキュリティ侵害を受けていました。そのうち27%の侵害事例では、高度なマルウェアが使用されています。

本レポートの主な内容は次のとおりです。

  • ラボ環境でのテストと実環境でのテストの違い
  • 大多数の多層防御型セキュリティ対策が機能しない理由
  • サイバー攻撃が最も増加している業種
  • 各業種を標的とするサイバー脅威の特徴
  • 各業種を狙った攻撃で最も多く確認されているマルウェア・ファミリー
 

Download Icon  レポートをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk