無料ホワイトペーパー

セキュリティの再創造 第1部: デジタル時代のセキュリティ脅威に備える適応型のアプローチ

今、セキュリティの再創造が求められています。

従来型のセキュリティ・ソリューションは、さまざまな課題を抱えています。たとえば、ネットワークに侵入した脅威を直ちに検知することは困難で、検知できたとしても、問題の解決に時間を要します。ネットワークで発生しているイベントについて得られる情報は断片的であり、全体像の把握はハードルが高く、対応は事後的になりがちで、脅威の動向を大局的に知ることもできません。また、新たに出現した脅威や状況の変化に素早く対処することも得意ではありません。

そのため昨今では、セキュリティ脅威の動向を広範囲にわたって把握でき、状況の変化に素早く対応できる、柔軟性に優れた統合型のセキュリティ・フレームワークが求められています。セキュリティ・アーキテクチャは素早く柔軟に変更でき、攻撃の全体像を把握できるよう緊密に統合されていなければなりません。組織内外から情報を収集、集約して、セキュリティ脅威の全容を把握する役割も必要です。さらに、攻撃を受けてから事後的に対処するのではなく、攻撃を予測して事前対応できる体制を築く必要があります。

FireEyeでは、このようなセキュリティ・アプローチを「Adaptive Defense™」(適応型の防御)と呼んでいます。

このホワイトペーパーの主な内容は次の通りです。

  • セキュリティ・アーキテクチャの再創造が求められる理由
  • セキュリティ対策を評価する重要な指標
  • すべての攻撃を防御することが現実的ではない理由 — なぜ早期の対応が重要なのか
  • 断片的で不完全な情報がサイバー攻撃の検知と対応を妨げる理由
  • 可視化の不十分な従来型のアーキテクチャがセキュリティ担当者の仕事を増やす理由

セキュリティ投資のROIを高める方法


 

Download Icon 

ホワイトペーパーをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk