最新セキュリティ脅威トレンドへの最適解:Security as a Service

誰の目にも明らかなように、セキュリティ問題は深刻化する一方です。以前は遊び半分がほとんどだったハッキングは、今や長期にわたる執拗なサイバー攻撃が主流となり、攻撃に利用可能な経路も増加の一途をたどっています。セキュリティ侵害を完全に防ぐことは、もはや不可能です。セキュリティ侵害の発生を前提に、サイバー攻撃の迅速な検知・対応体制を構築し、被害を最小限に抑える対策に焦点を当てる必要があります。


しかし、一般的な企業や組織にとってこのような体制を整備することは容易ではありません。そのため、24時間体制のサポートを提供する第三者、つまり、顧客の保護をミッションとし、インテリジェンスに基づく最先端テクノロジーを運用するセキュリティの専門家組織が求められています。そこで今、最適解として注目を集めているのがSecurity as a Serviceです。セキュリティ・テクノロジー運用の自動化と、専門家による24時間体制の監視を提供するSecurity as a Serviceを導入すれば、最新のセキュリティ脅威に対する強固な防御を実現できます。


このホワイトペーパーの主な内容は次のとおりです。

  • Security as a Serviceを構成するテクノロジーと、現在のセキュリティ脅威トレンドにおいてSecurity as a Serviceが求められる理由
  • FireEye as a Serviceを構成する3つの要素
  • Security as a Serviceベンダーの選定方法


ますます高度化するサイバー・リスクに対処するためには、その進化に追随できる24時間365日のセキュリティ体制が必要です。今日、そして将来のサイバー攻撃への備えにSecurity as a Serviceが最適である理由を、ぜひこのホワイトペーパーでご確認ください。

 

Download-LP-2.pngホワイトペーパーをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk