Security as a Service – 絶え間なく進化するセキュリティ脅威トレンドに対抗するための現実的なアプローチ

セキュリティ脅威トレンドが絶え間なく進化する中、今日の組織は、巧妙化するサイバー攻撃からデータや社会的信用を保護するための戦いを強いられています。その一方、多くの組織はセキュリティの人材不足や非効率的なプロセス、独立して動作する複数のセキュリティ製品の管理という問題に直面しています。

Security as a Serviceを導入すると問題を解決に導くことができます。そのアプローチは単なるクラウド化ではなく、セキュリティの新しいあり方を具現化する解決策だからです。

このホワイトペーパーでは、次の4つの要素で構成される真に効果的なSecurity as a Serviceについて解説しています。

  • 必要なときに専門知識を提供: 組織のセキュリティ・チームに代わってネットワークを常時監視し、必要に応じて各種コンサルティング・サービスを提供
  • 「アラート」ではなく「具体的な対策」を提示: 優先的に実施すべき適切な対応策の判断に役立つ、検証済みの有用なアラートとコンテキスト情報
  • 高い柔軟性: 必要なときに必要なセキュリティ機能を利用できる、容易に導入可能な拡張性に優れたソリューション
  • 効率的な相互運用性: 既存の全セキュリティ・テクノロジーにわたるプロセスを効率化・自動化するAPI
 

Download-LP-2.png ホワイトペーパーをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk