金融機関におけるセキュリティ脅威対策の10のポイント

組織や資産を守るため、できる限りのセキュリティ対策を実施していますか?

銀行や保険会社などの金融サービス企業では、セキュリティ脅威対策はすでに最優先課題の1つとなっているはずです。自社のみならず、顧客の資産やデータも保護するために、大変な労力を費やしていることでしょう。

FireEyeでは、メディアで大きく報道された大規模セキュリティ侵害に対応した豊富な経験を有しています。そしてその経験から、金融機関を狙ったサイバー攻撃にはいくつかの共通する特徴があることを把握しています。その特徴をもとに、金融機関が高度なサイバー攻撃に備えるための10のポイントをまとめたのが、このホワイトペーパーです。

このホワイトペーパーでは、金融機関に欠かせない重要なセキュリティ対策を実施し、セキュリティ侵害に備える次の方法について解説しています。

  • 重要な資産を特定する
  • 認証情報を保護する
  • ネットワークを適切にセグメント化する
  • データを適切に分離する
  • セキュリティ侵害の証拠を予防的に収集する
  • 弱点を診断する
  • セキュリティ・オペレーション・センターをサイバー防御センターに移行し、検知能力と脅威情報の活用能力を強化する

ぜひこのホワイトペーパーをダウンロードして、金融機関に欠かせないセキュリティ対策をご確認ください。

 

Download-LP-2.png ホワイトペーパーをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk