ETPバリューキャンペーン実施中

クラウド型のEメールセキュリティでネットワークの入口・出口対策をより強固に

高度なサイバー攻撃は、今や大企業や特定の組織だけの問題ではありません。シグネチャベースのセキュリティ対策では防げない巧妙な攻撃から防御するために、WebだけでなくEメールのセキュリティ対策が急務です。

ランサムウェアをはじめとした高度なサイバー攻撃の多くは、Eメールによる侵入から始まります。当社調べでは、Eメールを侵入経路とした攻撃は全体のうちの80%にも上り、Web通信の監視・解析だけでは脅威が社内に侵入するのを効果的に防ぐのは困難です。いまやEメールセキュリティは、あらゆる組織にとって重要な入口対策となっています。

このソリューションブリーフでは、Web通信を監視・解析するFireEye NXと、Eメールの添付ファイルやリンク先URLを監視して悪意のあるメールを検知・ブロックするクラウド型のFireEye ETP、またはアプライアンス型のFireEye EXを組み合わせて使うことで、複数の経路からの攻撃を効果的に防御する方法について紹介します。導入事例を含めた具体的なソリューションで、御社のセキュリティ対策の強化にお役立てください。

なお、ただいまクラウド型Eメールセキュリティ対策製品であるFireEye ETPを低価格で提供する「ETPバリューキャンペーン」を実施しています。FireEye NXをご利用いただいているお客様、FireEye NXの導入をご検討いただいているお客様は、大幅な割引価格でFireEye ETPの導入が可能です。キャンペーンの詳細は、プレスリリースをご覧ください。

キャンペーンについてのお問い合わせ先: Japan@FireEye.com

 

Download-LP-2.png 詳細を見る

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk