無料レポート

高度な攻撃に関する脅威レポート - 2012年下半期版

『FireEye 高度な攻撃に関する脅威レポート』第4版では、巧妙化の一途を辿るAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃の手口や、航空宇宙および防衛産業の企業を狙った大規模マルウェア攻撃「Operation Beebus」を中心に、高度な脅威の最新動向について解説します。世界中に設置された数千台のFireEyeアプライアンスから収集したデータとFireEye Malware Intelligence Labによる調査結果に基づいて作成された本レポートをご覧いただくと、高度な脅威の現状を包括的に理解することができます。

レポートの主な内容は次のとおりです。

  • 各組織では、平均3分に1回の割合でマルウェア関連イベントが発生している
  • 最も頻繁に攻撃を受けているのはテクノロジー業界
  • マルウェア作者は検出の回避に多大な労力を費やしている
  • 高度なマルウェア攻撃の第1段階では、依然としてスピア・フィッシングが最も多く用いられている
  • マルウェア配布には依然としてzipファイルが広く使用されている
  • 検出を回避するためダイナミック・リンク・ライブラリ・ファイルを使用するマルウェアが増加している

ぜひ本レポートをダウンロードして、高度なサイバー攻撃の実態の把握と、攻撃に備えた組織のセキュリティ対策の強化にお役立てください。

レポートをダウンロードするには、右側の入力フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

Download Icon  レポートをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk