レポートダウンロードのお申し込み

FireEye 高度な攻撃に関する脅威レポート

この『FireEye高度な攻撃に関する脅威レポート』第3版では、巧妙さを増す高度なマルウェアとAPT攻撃の特徴を中心に、高度な脅威の現状について説明します。本レポートでは、世界各地に配備されている非常に多くのFireEyeアプライアンスから収集したデータとFireEye Malware Intelligence Labの調査結果を使用し、業界で最も包括的な視点から高度な脅威の状況を報告します。

本レポートでは、2012年上半期の統計と傾向について報告します。主な調査項目は次のとおりです。

  • 平均的な組織での感染範囲はどのくらいか
  • Web攻撃の増加数はどのくらいか
  • 業種ごとに攻撃のパターンがどのように異なるか

プレビュー

この『FireEye高度な攻撃に関する脅威レポート - 2012年上半期』では、FireEye Malware Intelligence Labで行った調査と傾向分析の結果を報告します。本レポートは、既知のマルウェアとスパムメッセージの統計を提示するものではありません。高度な攻撃はステルス性を備え、変化が激しいため、ファイアウォール、侵入防止システム(IPS, Intrusion Prevention System)、アンチウイルス(AV)、ゲートウェイなどの従来のセキュリティ対策では阻止することができません。本レポートでは、未知の脅威を分析することで、現在の脅威状況を明らかにすることを目的としています。

FireEyeはこの高度なサイバー攻撃を阻止するソリューションを提供しています。世界中の非常に多くのユーザーがFireEye Malware Protection System(MPS)を配備しています。FireEyeのソリューションは、従来型や次世代型のファイアウォール、IPS、ゲートウェイなどの後に配備され、組織の最後の防衛線となります

右側のフォームに入力して続きをご覧ください。

今すぐダウンロード
© 2018 FireEye, Inc. All rights reserved. Privacy Policy. FireEye on Facebook    FireEye on Twitter    FireEye on LinkedIn    FireEye Blog: Malware Intelligence Lab