セキュリティ侵害発生前後の行動計画を策定

あらゆるセキュリティ侵害に対応できる万能な戦略は存在しません。すべての組織、すべてのインシデントには、それぞれ異なる特徴や性質が備わっているからです。それでも、セキュリティ侵害の発生を前提に、十分な時間と労力、予算を投じて、有事に備える取り組みには大きな意味があります。ひとたび侵害が起きれば、情報漏えいや事業の中断、社会的信用の失墜などにより数百万ドル規模の損失が発生する恐れがあるからです。

この戦略ガイドは、企業の取締役がセキュリティ侵害に備えた行動計画を策定する足がかりとなるものです。内容は次のとおりです。

  • インシデント・レスポンス計画で考慮すべき5つの原則
  • 情報の開示方法 - お客様やメディアに何を公表すべきか
  • 侵害発生後のセキュリティ対策の強化
有事の備えに、ぜひこの戦略ガイドをお役立てください。
 

Download-LP-2.png 

ホワイトペーパーをダウンロード

video Play Video

VIDEO Title
Some info / descriptions

 

some copy for the video

  • Why alerts are not fool-proof
  • Why having more consoles may not be the answer to your security needs
  • How your IT team may not be prepared to handle critical alerts
  • How long it takes other organizations to respond to alerts, and how you compare
  • Why outsourcing could save you money and mitigate risk